【糖質制限】ギムネマ酸の成分の効果について調べてみた【サプリメント調査】
美容・健康  

【糖質制限】ギムネマ酸の成分の効果について調べてみた【サプリメント調査】

     

糖尿病や病状改善のため、糖質制限を行っている方が最近増えています。また、痩せるために糖質制限を行うにあたって、食事療法を行う方もたくさんいますが、続けるのは大変難しいものです。食事制限以外で、お手軽に糖質制限ができれば良いのですが、何を用いたらいいのかわからないし、薬やサプリメントなどの成分や効果、飲み続けて大丈夫なのか不安なものになります。

そこで、今回は古来より、糖尿病の治療や糖質制限に使用されているサプリメントのギムネマの成分である「ギムネマ酸」について調べてみたので、どんな成分の効果があるのか見ていこう思います。

ギムネマ酸とは?成分の効果について

ギムネマ酸とは?成分の効果について
では、まずサプリメントに使用されている「ギムネマ酸」とはいったいどういったものなのか?ギムネマ酸は、インドのガガイモ科の多年草である「ギムネマ・シルベスタ」の葉から取れる成分です。原産国であるインドでは、健胃・利尿作用・糖尿病、強壮などによいとされているハーブです。

現代ではサプリメントとして飲まれており、その効果により、糖の吸収を抑制、肥満の原因になる急激な血糖値スパイクなどが抑制されるため、ダイエットや糖質制限をしている方に多く飲まれているようです。

では、ギムネマ酸は、どういった成分や効果があるのか、効果的な飲み方など詳しくみていこうと思います。

ギムネマ酸の成分について

ギムネマ酸の成分について
ギムネマ酸とはいったいどういったものなのか?ギムネマに含まれる有効成分である「ギムネマ酸」は、インドでは古くから利用されていました。古くからギムネマをかむと「甘味を感じなくなる」ということが知られており、「砂糖を壊すもの」という意味のヒンズー語「グルマール」と呼ばれていました。

では、その成分がどのような効果を、発揮するのか見ていきます。

ギムネマ酸の成分の効果について

ギムネマ酸の成分について
ギムネマ酸の効果は、簡単に行ってしまえば「食後の血糖値の上昇を抑える働き」になっています。

血糖値は、「血液中に含まれるブドウ糖の量を表す数値」なのですが、糖を分解するために、膵臓から糖の代謝に必要なホルモンであるインスリンが分泌されます。しかし、大量の糖が体内に入ると、インスリンも大量に分泌されてしまうため、インスリンの働きが悪くなり、糖が分解・処理しきれなくなります。この状態が、急激に血糖値が上昇する状態(血糖値スパイク)というわけです。

そんな血糖値の上昇を抑制するギムネマ酸ですが、何が糖の吸収を抑えてくれているのか?ギムネマ酸にまれているグルクロン酸が作用し、小腸にある受容体が糖と勘違いして、小腸で糖の吸収する働きを抑制。そのため、膵臓より分泌されるインスリンが抑えられ、急な血糖値の上昇を抑えてくれるのです。インスリンがの分泌が減るので、膵臓の働きの負担が軽減されます。

この他にも脂質の吸収が抑制する働きもあることが、わかっています。

また、舌は小腸の上皮組)を抑制する働きも持っており、砂糖が使われているお菓子や、砂糖がたっぷりの量入っている甘いジュースも、甘味だけを感じることが織と似ているため、味蕾にある甘味受容体でも、小腸と同じことが起きます。つまり、舌で甘味を感じる事(甘味受容体の働きできなくなります。最終的には、甘いものや炭水化物を食べたい欲求が減少します。

そのため、糖質制限をしてている人や糖尿病の方の血糖値を下げ、ダイエットで痩せる効果があるとされています。

ギムネマ酸を含むサプリメントを飲むタイミングは?

ギムネマ酸が含まれるサプリメントの飲むタイミングは、「食前30分前」がおすすめです。「食前30分前」に摂取すると、糖の吸収を抑えてくれます。(サプリメントをなめると甘味を感じにくくなります。)

糖質制限中、ダイエット中に、どうしても甘いものを食べたいときや炭水化物をたくさん食べたい場合は、「食前30分前」に服用しましょう!

【糖質制限】ギムネマ酸の成分の効果について調べてみた【サプリメント調査】まとめ

ここまで、ギムネマ酸の成分の効果について見てきました。調べてみると、ギムネマ酸には、食前30分前に服用すると、食後の血糖値の急激な上昇や血糖の吸収が減少する効果がある成分が。なめた場合は、甘味を感じにくくなる効果があります。そのため、ギムネマ酸が含まれるサプリメントは、糖質制限中の人にとても強い味方になってくれます。

ギムネマ酸は、副作用自体があまり無いようですが、血糖低下作用のあるサプリメントとは相性が悪いようなので、血糖値低下の薬やサプリメントを服用の際は飲み合わせに注意しましょう!また、一日の摂取量(9.4mg)は決められていますので、用法容量はきちんと守って、ギムネマ酸が含まれるサプリメントを使用しましょうね!