不足しがちなミネラル10種類の効果について調べてみた【サプリメント調査】
美容・健康  

不足しがちなミネラル10種類の効果について調べてみた【サプリメント調査】

     

ミネラルは健康に良いとされてますが、そもそもミネラルってどういったものなのかご存じですか。

「食品から摂取できる?」「体内ではどんな働きをするの?}などなど。ミネラルがわたしたちになぜ必要とされているのか。

そこで、今回は不足しがちなミネラル10種類について調べてみたので、どんな成分や効果があるのか等をご紹介します。

不足しがちなミネラル10種類についてご紹介

不足しがちなミネラル10種類の効果について
ミネラルは私たちのカラダにとって重要な役割をもつ五大栄養素のひとつです。

簡単にいえば、ヒトの細胞や臓器の活動をサポートし、骨や歯をつくる重要なはたらきをするいわば生きるためには必要不可欠なものなのです。

では、どういった成分や効果があるのか、効果的な飲み方など詳しくみていきましょう。

不足しがちなミネラル10種類の成分について

不足しがちなミネラル10種類の成分について
普段の食事では不足しがちなミネラル10種類の成分として、

カルシウム、鉄、亜鉛、銅、マグネシウム、セレン、クロム、マンガン、ヨウ素、モリブデンなどがあります。

不足すると、カラダの不調などが考えられますので意識的に摂取できるよう心がけましょう。

不足しがちなミネラル10種類の効果について

不足しがちなミネラル10種類の効果について
不足しがちなミネラル10種類の成分と、その効果を表でまとめました。

ミネラル成分効果
カルシウム骨や歯をつくる
赤血球のの中で酸素の運搬をする
亜鉛体内の酵素の材料となる
体内で酵素を運搬する
マグネシウム体内の代謝を助ける
セレン抗酸化反応で大きな役割を果たしている
クロム糖質やコレステロールの代謝を助ける
マンガン酵素を活性化する
ヨウ素甲状腺ホルモンの材料となる
モリブデン肝臓や腎臓の酵素の材料となる

効果的に摂取するために

ミネラルが不足すると深刻な健康障害を引き起こします。みなさまがよく知る骨粗しょう症や貧血、熱中症などはミネラル不足が原因です。

そんなミネラルですが、効果を上げるための摂り方があるのをご存じでしょうか。

骨の生成と関係が深いカルシウムは、ビタミンDと一緒に摂ることでより吸収を高めます。また、鉄分はビタミンCと一緒に摂取することで吸収されやすくなります。

といった具合に、より効果的に摂取することでミネラル不足を回避できそうですね。

不足しがちなミネラル10種類の効果について調べてみた【サプリメント調査】 まとめ

ここまで、不足しがちなミネラルついて見てきました。調べてみるとミネラルをより効率的に摂取するためには併せて摂るべき成分があることもわかりましたね。

ただ、気をつけていただきたいのは、過剰摂取です。ナトリウムのように摂りすぎると高血圧や脳卒中につながる危険もあるので要注意なんです。

正しい情報を知り、ミネラルを意識して摂取しましょう!