【調査済】リップ・唇アートメイクのメリットと施術方法

【調査済】リップ・唇アートメイクのメリットと施術方法

「せっかくメイク直しして唇にリップを塗っても、食事したり喋ってたりすると取れてきちゃう…」

「今のご時世マスク必須。口紅がマスクに付くからなるべくリップメイクしたくないけど、マスクを外したときに貧相な唇を見せるのは恥ずかしい…」

そんな悩みを持つ女性のみなさんに朗報です♡

“落ちないメイク”と話題のリップ(唇)アートメイクなら、一度入れたら数年間はノーメイクでも美しい色・形のリップを保つことができますよっ。

というわけで今回はリップ・唇アートメイクのメリットと詳しい施術方法について調査しましたー!

リップアートメイクはメリットだらけ♡

リップアートメイクはメリットだらけ♡
リップアートメイクとは唇やリップラインに医療用の細いニードル(針)を使って赤やオレンジ、ピンクなどの色素を入れていき、好きなデザインや似合う色で理想のリップを作る美容施術のことです。

リップアートメイクは一度入れると水やクレンジングでは落ちず、1~3年は持つので、その間は食事をした後も、お風呂に入った後も、キスをした後も、いつでも魅力的で美しい唇が保てるんです♡

唇にリップアートを入れれば朝のメイク時間も短縮できるし、スポーツや温泉でのすっぴんにも自信が持てるし、もちろんマスクを付けていても「マスクに口紅やリップグロスが付いちゃった!」なんてことがありません。

唇の血色が良いと自然と顔色が明るく健康的に見えるから、お顔全体の印象アップにもつながりますよね。

ほかにもメリットがあって、リップアートメイクは色味やデザイン次第では唇のくすみ・黒ずみを目立たなくしたり下がった口角を上げるなど、唇へのコンプレックスにも対応できるんです。

これはもう、唇アートメイクをしない理由がない!ってくらいメリットだらけですよね♡

リップアートはこんな人におすすめ

  • 唇が薄いまたは小さいのが悩み。ふっくらとしたセクシーなリップに憧れる!
  • 唇の血色が悪く、くすんで見えるのが悩み。明るくて健康的な若々しいリップになりたい!
  • 食事やマスクで口紅が落ちるのが嫌。どんな瞬間でも色づいた綺麗な唇をキープしたい!

リップアートメイクのデメリットも知っておこう

メリットがあればデメリットもあって当然。リップ(唇)アートメイクにもデメリットや知っておきたい注意点があります。

リップアートメイクの最大のメリットである理想の唇が長く保てるというのは、裏を返せばリップアートを落としたくなっても簡単には落とせないということですよね。つまり万が一色を落としたりデザインを変えたくなってもすぐにはそうできないのがデメリットとなります。

だからこそ、リップアートを入れる前には理想の唇をしっかりとイメージして、クリニックでの術前カウンセリングでは希望の色や形をきちんと伝える必要がありますね。

あと注意点として、唇の皮膚はとても薄くて敏感なので、眉毛のアートメイクに比べて施術中の痛みを感じやすいです。

なのでリップアートメイクのクリニックを選ぶときは痛みに対して特に配慮してくれているクリニックや、アフターケアが徹底しているクリニックを選ぶことが大切です。

リップアートメイクの施術方法

リップアートメイクの施術方法
美容クリニックでリップ(唇)にアートメイクを入れる際の施術方法と流れはこのようになっています♡

  1. まずはカウンセリングでリップのデザインを決める
  2. ・・・元々の唇の色、形、バランスなどをプロの方に見てもらって、自分の悩みや希望を伝え、一番綺麗に見える唇のデザイン・似合うカラーを一緒に決めていきましょう!

  3. 麻酔をかけて施術スタート(施術時間の目安:30~60分)
  4. ・・・クリニックによって使う麻酔はいくつかありますが、ほとんどのクリニックでは痛みの度合いに合わせて最適な麻酔を使い分けてくれます。痛みに弱い方は事前に伝えておくと◎。

  5. 施術後はクーリングしてアフターケア
  6. ・・・唇を冷やして腫れるのを抑え、ワセリン塗布などアフターケアをおこないます。

基本的に唇のリップアートメイクは2回セットになっていて、初回の施術を受けたら次回は2週間~1ヶ月ほど間隔を空けて2回目の施術をおこなう流れになります。

2回の施術をおこなうことで唇に色素が定着し自唇と馴染んでキレイに発色するので、自然な仕上がりの美リップになるというわけですね♡

ちなみにダウンタイムは約1週間程度となっており、その間は唇のメイクは控えてワセリンなどで保湿しながら過ごすことになります。

一週間は腫れてかなりボリューミーな唇になりますが(笑)、やがて腫れが治まってかさぶたが取れるので、そしたら思いっきりリップメイクを楽しめますよ!

リップアートの施術に使う麻酔って?

唇の皮膚はとっても薄いから痛みに敏感で、リップアートは「痛い」と感じる方が多い施術になります。

なのでどのクリニックでも麻酔は必須。基本的には表面麻酔(塗る麻酔クリーム)を使いますが、痛みの度合いによって注射麻酔を使用するクリニックも。

麻酔料金は表面麻酔は無料だけど注射麻酔は別料金というクリニックもあるので、気になる場合はリップアートを予約する際にアートメイククリニックに確認しておきましょう!

リップアートメイクがおすすめなクリニック3選

ではここからは、リップ・唇アートメイクが得意なおすすめのクリニックをご紹介していきます!

dazzy Clinic(デイジークリニック)

デイジークリニック

dazzy Clinic 公式
東京・渋谷にある美容皮膚科で、元々”デイジーリップ”という唇のアートメイクに特化していただけあってリップアートメイクが綺麗♡と評判のクリニックです。医療ローンで月々3,000円~払えるのも嬉しいですね!リップの料金は2回 100,000円です。

住所東京都渋谷区宇田川町33−12 J+Rビル 6F
最寄り駅渋谷駅ハチ公口より徒歩5分​
営業時間11:00-20:00
定休日年末年始

※2021年2月現在の情報です。

AISクリニック

AISクリニック
AISクリニック 公式
東京の表参道と銀座、大阪の梅田に店舗がある医療アートメイククリニックです。ナチュラルな染料を使っているため炎症やアレルギーによる肌トラブルが心配な方におすすめのクリニック。リップの料金は2回 136,000円~です。

表参道院
住所東京都渋谷区神宮前6-29-3原宿KYビル10階
最寄り駅「原宿駅」徒歩5分・明治神宮前駅「7番出口」徒歩1分
営業時間10時〜19時
定休日日曜日

※2021年2月現在の情報です。

GLOWクリニック(グロウクリニック)

グロウクリニック
GLOWクリニック 公式
東京・渋谷が本院で新宿と西新宿にも提携院があるアートメイク専門のグロウクリニック。通常のリップアートのほかに”ジュエリーリップ”というハイライトを入れて唇を立体的に見せる新技術が人気です!料金はリップメイクが2回 120,000円、ジュエリーリップが2回 160,000円です。

GLOW clinic 渋谷院
住所東京都渋谷区渋谷1-10-1 八千代ビル3F
最寄り駅東京メトロ渋谷駅B1出口より徒歩5分
JR渋谷駅宮益口より徒歩8分
営業時間10:00〜19:00
定休日年末年始

※2021年2月現在の情報です。

まとめ

つねに明るく健康的なリップカラーになれると今人気の美容施術・唇アートメイク。

施術中に少し痛いのがデメリットだけど、食事の後はもちろんスポーツ後やすっぴんの状態でも綺麗な色みのリップでいられるから、マスク必須の今こそおすすめの施術なんです♡

リップ・唇アートメイクの「自分の唇に似合う色が分からない」「オーバーリップってどうなの?」なんて疑問はカウンセリングでプロの方に相談してみてくださいね。