ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング

ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング15選

     

ペンタブ(板タブ)初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング15選を今日はご紹介します!

ペンタブレットも時代とともに進化していますが皆さんはなぜペンタブレットに興味を持ちましたか?

デジタルで漫画を描きたい?

デジタルでイラストを描きたい?

デジタルでメモを取りたい?

などなど使いたい用途にもよりますがパソコンの環境やソフト(アプリ)価格と機能、使いやすいサイズなどをあれこれ考えながら自分のベストペンタブレットを見つけましょう!

それでは、レッツレコランク!

目次

ペンタブレット・液晶タブレット・タブレットの違い

ペンタブレット(ペンタブ・板タブ)

まずタブレットにはいろいろな言い方や通名があります。まず「ペンタブレット」のことを「ペンタブ」という言い方が一般的ですが液晶がついていないタイプのことを「板タブ」という言い方もします。つまりペンタブレット=ペンタブ=板タブということになります。

ペンタブ(板タブ)はパソコンとソフトを別で用意する必要があります。タブレットに書いたらパソコンの画面上に絵が出てきます。

ペンタブレット

ペンタブ(板タブ)のメリット

  • 価格が安く導入しやすい(安いものは5,000円~高いものは35,000円の価格帯)
  • 絵を描く無料ソフトがついてくる事が多い
  • 自分の書いた絵が自分の手で隠れることがないのでなれると描きやすく便利

ペンタブ(板タブ)のデメリット

  • 紙と鉛筆のように直接絵が描けないので慣れるまで時間がかかる
  • パソコンがないと使えない

液晶タブレット(液タブ)

液晶タブレットは「液晶タブレット」=「液タブ」という言い方をします。液タブのいいところは画面上に直接描くことができるので紙に書いていいる感覚で絵を描くことができます。液タブは13~32インチの巨大なものまであります。一般的に使われているのは13~15.6インチが標準的です。
勘違いしやすいのは液晶タブレットもパソコンがないと動きません。価格は6.5万~45万と幅があります。

液晶タブレット

液晶タブレット(液タブ)のメリット

  • 直接かけるので慣れるのに時間がかからない
  • 板タブとして利用することもできる
  • 紙を回転して描くように液タブを回転しながら描くことができる(板タブはできない)

液晶タブレット(液タブ)のデメリット

  • 自分の手で絵が隠れてしまう
  • モニタを立てると手がつかれる
  • 机の上に平らに置くとのぞき込むので作れる
  • 液タブもパソコンがないと動かない(勘違いしやすい)

タブレット(ipadやAndroidタブレットなど)

パソコンが無くても絵が描けるのが特徴で描く場所を選ばず自由に描くことができます。絵を描くという点で一番おすすめなタブレットは、iPad Proと呼ばれるものです。iPad Proには専用のpencilを使って書きますが、このペンにも特徴がありダブルタップなど色々な機能がついています。

iPadProはタブレット独特の視差が最も少ないと言われています。視差というのは、紙とペンで書くのとタブレットで書くのはどうしてもタブレットのほうが若干時差やずれがあります。本当のリアルな紙とペンで書くようにはまだまだいかない部分がありますがそのずれのことを視差といいますが、iPadProが最も少ないと言われています。特に最新のiPad Proは4Kなので視差はすごく少なくなっています。

他にもAndroid製やWindows製がありますが評価としては
iPad Pro>Windows(Surface)>Android
というような評価です。

タブレットのメリット

  • パソコンが必要がない
  • どこでも絵を描ける

タブレットのデメリット

  • 価格が高い
  • モニタが液晶タブレットに比べるとモニタが小さい(iPadproでも12.9インチ)

タブレットの選択にうーんよくわからないな、もう少し詳しく知りたい方はコチラの動画を参考にして下さい。

タブレットの種類のメリット・デメリット詳しい説明はコチラ↓↓↓

【講座】シマエナガが教える「初心者にオススメのペンタブ・液タブ・iPadの紹介と選び方」【未経験者・入門者向け】

初心者が導入するなら板タブがおすすめ!

ここまでの流れの中で、色々なタブレットを紹介しましたが、初心者に一番おすすめなのは「板タブ」です!その理由は以下。

  • 板タブのほうがトラブルが少ない
  • 板タブのほうが作業領域が広い
  • 板タブのほうが導入費が安い!
  • ペンが高性能で液タブと性能が変わらない
  • 板タブのほうが持ちやすく熱が出ない

というこの3つが初心者に板タブをおすすめする理由です。板タブはシンプルな仕組みなので液晶タブレットに比べて設定も簡単で導入しやすいです。価格が安いので試すことも慣れることもチャレンジしやすいです。個人的なパソコンがない!という人でもスマホがAndroidであればスマホのペンタブレットに設定することも可能です。(詳細な設定にはパソコンは必要になります)

最近だと3,000円~5,000円台の購入しやすい価格の商品が人気です。海外製品でレベルの高いタブレットが価格しやすい人気商品が沢山あり、安くても沢山機能がついている製品を選べるようになりました。3,000円からでも筆圧レベルが高く、Fnキー(ショートカットキー)やホイールなどがついているタブレットが人気です。

初心者でもYoutubeなどで設定方法や使い方の情報が沢山出ているので初心者でも色々選べるようになりました。

安くて高性能な板タブのおすすめ動画↓↓↓

【液タブと比較】板タブの良い所・イマイチな所【VEIKK A15 レビュー】

Android スマホと板タブの使い方を説明する動画↓↓↓

【アイビスペイント】Androidで使えるペンタブレット買ってみた!

初心者でも導入しやすいペンタブ(板タブ)を徹底して検証してみる!

今回は初心者でも導入しやすいペンタブ(板タブ)を徹底して検証してみました。まず商品を購入するポイントをいくつか選んでみましょう。いまのペンタブ(板タブ)のモデルはWindowsでもMacでも対応しているのがほとんどなので選べる幅は広いです。もし実際に見ることや試すことができるのであればショールームや電気屋で試すのも一つです。ペンを実際に持つことで重さやフィット感にこだわる事もできます。Amazon等のECサイトでは幅広い商品の中から選べる利点もありますが実際のサイズ感や机におく時の感覚もしれるの嬉しいポイントですね!

ペンタブ(板タブ)はシェアの高いメーカーを選んだ方が良い

シェアの高いペンタブレットで有名なのはWacom(ワコム)です。絵師の中では一番有名と思っていてもいいと思います。なぜシェアの高いメーカーを選んだ方がいいかという理由は使い方が困ったり、初期設定をするとき、トラブルがあったときにググる(Googleで検索)と思いますがその際にシェアが多いほうが情報が多いからです。中華製のものだと機能が多い割には価格が安いものがありますがトラブルがあったときなどに情報が少ないというデメリットが多いです。

初心者はペンタブ(板タブ)のサイズをなるべく大きめ(作業領域が広い)のものを選ぶ

ペンタブ(板タブ)のサイズはSとMとLのサイズがある場合がありますが価格を考えるとSサイズのほうがいいですが初心者はMもしくはLサイズをおすすめします。
小さいサイズのほうが持ち運びや作業スペースは小さくて済みますが感覚に慣れるまではなるべく大きいものをおすすめします。紙とペンで書くときに肘を軸に書く人は特に作業領域の大きいLサイズの商品、手首で書く人はM~Sサイズの商品を使うのがいいでしょう。大きさの感覚を揃えるためにモニタサイズと合わせ人もいます。

ペンタブ(板タブ)の筆圧レベルを確認する

ペンタブ(板タブ)を購入しようとすると説明に必ず筆圧レベルの記載があります。筆圧レベルは数字が高ければ高いほうがペンの読み取りレベルが高いということです。
現在の筆圧レベルペンの読み取りレベルは8192>4096>2048>1024が販売されている筆圧レベルです。一見筆圧レベルってそんなに変わるの?と思っていた人もいるようですが水彩画のような絵をかくときにははっきりと違いが判ります。薄い筆もしっかりと表現することができることと、空振り(線を引いたつもりが引けなかった)もなくなります。繊細なタッチや色使いを表現したい人は筆圧レベルをこだわったほうがいいですね!

ペンタブ(板タブ)の機能(タッチ機能やファンクションキー)を選択する

ペンタブ(板タブ)の機能ってどんなこと?と思われかもしれませんが例えばワイヤレス機能があるか、タッチ機能があるか、ファンクションキー(Fnキー)があるか等です。ファンクションキー(Fnキー)はタブレットに設定することにより、例えば起動、終了をスムーズにしたり、戻すボタンを設定したりと機能を覚えることにより素早い効率よい作業をする事が出来ます。登録したボタンの設定を少しずつ変えることによってどんどん使い勝手がよくなります。ただ機能が増えれば増えるほど価格は上がります。

ペンタブ(板タブ)でもここまでできる!

初心者でもわかりやすいペンタブ(板タブ)の使い方やソフトの使い方の参考動画はコチラ↓↓↓

ちゃおガールが挑戦!ワコムのペンタブでねこ、はじめましたを描いてみよう!

ではペンタブ(板タブ)の商品を細かく製品の紹介します。機能やペンの圧感も含め商品の詳細もしっかりと確認して自分のお気に入りのペンタブ(板タブ)を見つけて下さい。

ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第1位:Wacom(ワコム) ペンタブレット Mサイズ CTL-672/K0-C

ワコム ペンタブレット One by Wacom ペン入力専用モデル Mサイズ CTL-672/K0-C

WACOM amazon公式
全体的にコンパクトな作りですが感知面積は広くなっています。かわいい赤い盤面が特徴的です。パソコンとの接続方法はUSBで簡単に行うことができます。筆圧レベルは2048レベルでWindowsにもMacOSにも対応が可能です。予備の替え芯も3本ついてきます。

おすすめポイント!

  • シンプルな機能で不具合が少なくペンタブデビューにおすすめ
  • 購入特典ソフトウェアがついてくる(CLIP STUIO PAINT DEBUT)
  • バッテリーレスのペン、ガタつき、沈み込まないペン先

ネットの口コミ:
旧タイプのタブレットに比べてペンの沈み込みが少ないという評判です。 価格帯には満足していて一定の人には描きやすく満足しているとありますが、書き慣れている人にとってはペンの使いごごちが満足いかないという声もありました。
またオプションで付いてくるソフトウェアのダウンロードもうまくいかなかったという声もありました。中級者というよりも初心者におすすめのペンタブです。

注意!

  • 左利きモードにも設定することができますが設定ファイルを変更する必要がある
  • パソコンによってはドライバーが不安定なことがあるようです
  • 価格帯は満足しているもののペンの使い勝手になれないという声も多い

スペック・対応表

メーカーWacom(ワコム)
商品名CTL-672/K0-C
本体サイズ27.7 x 0.9 cm
本体重量431g
読取可能範囲216mm×135mm
筆圧レベル2048
ファンクションキー無し
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格5,346円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第2位:筆圧は最高レベルの8192!HUION INSPIROY H950P

HUION ペンタブレットH950P PC必要なし スマホで使える可能 傾き検知機能更新可能 充電不要8192レベル筆圧感度 ペンタブ

HUION amazon公式
低価格なのに筆圧レベル最高の8192レベル、ペンの解像度は5080LPI、精度はわずか±0.3㎜のパフォーマンスを実現。タブレット自体も厚さ8㎜で、ペンは16gで電池不要、充電不要。カスタマイズされたショートカットキーも搭載。

おすすめポイント!

  • 洗練され使いやすいおしゃれなデジタルペン
  • 厚さが8mmしかなくスタイリッシュで持ち運びにも便利
  • 最大8つのショートカットキーのカスタマイズ可能

ネットの口コミ:
初めてペンタブレットを買いました。初心者だったので値段を参考に購入しました。
初めてのペンタブだったので予算を1万円前後に決めており丁度手頃な金額でしたので購入しました。初心者の私が言うのもなんなんですが、感想はいい商品だと思います。
まず使いやすく設定もやさしく簡単でした。ソフトのインストールはUSBをさせばできました。
一番最初のペンタブをこのHUION INSPIROY H950Pを選んでよかったと私はとても大満足です。という声がある一方でショートカットキーやサポートに対しての不満がありました。

注意!

  • ファンクションキーの設定がうまくいかないなどの初期設定の不具合が多少あるようです
  • ドライバのインストールがホームページからなので難しいという声がありました
  • サポートセンターの対応に不満があるようです

スペック・対応表

メーカーHUION
商品名INSPIROY H950P
本体サイズ320.8 x 188.8 x 8mm
本体重量497g
読取可能範囲221 x 138mm(8.7 x 5.4インチ)
筆圧レベル8192
ファンクションキー8
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格5,547円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第3位:筆圧レベル4096の高性能Android OS(6.0以降)の携帯であればスマホやタブレットでも使用可能!ワコム ペンタブレットTCTL4100/K0

ワコム ペンタブレット Wacom Intuos Smallベーシック お絵かきソフトウェア付き 黒 Androidにも対応 データ特典付き TCTL4100/K0

WACOM amazon公式
パソコンがなくてもAndroid OS(6.0以降)の携帯であればスマホやタブレットでも気軽に使えるようになりました。無料でペイントソフトも付いてきます 。パソコンがなくてもすぐにペンタブを使えるようになります !

おすすめポイント!

  • パソコンがなくてもスマホやタブレットで操作が可能
  • エルゴノミクスを向上させた筆圧レベル4096のIntuosのペン
  • 購入すると特典でペイントソフトのCorel Painter Essentials 6、と写真管理ソフトのCorel AfterShot 3が使えます

ネットの口コミ:
ドライバーのインストールやソフトのインストール方法の説明がホームページのみの説明なため、初心者の人は難しかったという声はあるもののタブレット自体への評価は全体的に高めです。
以前に違うペンタブを使っていた人は筆圧レベルの高さに感動をしている人も多いようです。
S サイズは思っていたよりも小さかったという声もあるので初心者の方は M サイズの方がいいようです。安い割には性能が良いという声が多かったです。

注意!

  • iPhone や iPad には対応していないので注意が必要です
  • ホームページなどからソフトをダウンロードする必要があるので初心者には少し難しいという声もありました
  • 3種類のバリエーションがあり、機能に違いがあるので購入の際注意が必要です

スペック・対応表

メーカーWacom(ワコム)
商品名TCTL4100/K0
本体サイズ20 x 16 cm
本体重量231g
読取可能範囲152㎜×95㎜
筆圧レベル4096
ファンクションキー4
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格6,584円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第4位:デザインが個性的なWoodPadPTB-WPD7

プリンストン 7.5インチエントリーペンタブレット「WoodPad」 筆圧レベル2048 バッテリーレスペン PTB-WPD7

プリンストンテクノロジー amazon公式
天然素材の天板を使用したペンタブレット、「WoorPad(ウッドパッド )」 描画範囲は7.5インチ で専用ペンは電源も充電も不要です。ファンクションキーはペンに2箇所あり色々な機能を割り当てることができますがドライバーソフトのインストールが必要です。

おすすめポイント!

  • 他にはないデザイン性の高いタブレット
  • タブレットの手触りがとても良い
  • 安心の国内メーカーでサポートも安心

ネットの口コミ:
ワコム製品のタブレットと悩んだが、ウッド調のデザインで「WoorPad(ウッドパッド )」に決めたという声が多かったです。使い心地が心配だったという声もありましたが、使ってみると使いやすく特に問題がなくすごく気に入っていると言う口コミが多いです。
木製のペンタブレットということもありさわり心地に満足しているという声もありました。
ただ立つレベルが2048なのですごく細かい絵を描くというよりは簡単な作業には問題がないということです。

注意!

  • 細かい水彩画のようなタッチを描きたい人にはむかない
  • 4Kのモニターを使っている人には少し使いにくい
  • ドライバーをインストールした時にウイルスソフトと不具合が起こる可能性がある

スペック・対応表

メーカーWoodPad
商品名PTB-WPD7
本体サイズ(W)200 ×(D)170 ×(H)7
本体重量150g
読取可能範囲162 ×101mm
筆圧レベル2048
ファンクションキー2
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格6,027円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第5位:HUIONペンタブレットH430P


HUIONペンタブレット携帯接続アップグレード可能、4.8 * 3インチイラスト入門用、 osuゲーム用 4096レベル筆圧バッテリーフリーペン H430P

HUION amazon公式
低価格の筆圧レベル4096ペンタブレット。価格ですが機能が充実しておりショートカットキーも4つ付いています。また変換アダプターは必要ですが Android製のスマートフォンに接続することができます。

おすすめポイント!

  • 低価格なのに筆圧レベル4096とファンクションキーが付いています
  • 変換アダプターは必要ですが Android 製のスマートフォンで接続が可能
  • バッテリーフリーペンで充電する必要もありません

ネットの口コミ:
十分に作業ができるという声と中国製品ということもあり、設定の仕方があまりよくわからないという声も多数ありました初期不良が一定率あるようで返品したという声もあります。
筆圧感知が少し過敏なようで繊細な作業にはあまり向かないという声もありました。ただ値段が値段なだけに満足しているという声も多かったです。

注意!

  • 2~3ヶ月普通に使っていたが突然使えなくなったという声があります
  • 設定方法が少しわかりにくいようです
  • 筆圧感知が少し過敏で繊細なものよりもシンプルなものを書くことに向いているようです

スペック・対応表

メーカーHUION
商品名H430P
本体サイズ186.6 x 139.2 x 6.3mm
本体重量135g
読取可能範囲4.8 x 3インチ
筆圧レベル4096
ファンクションキー4
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格2,900円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第6位:OSU専用!XP-PENのペンタブレットXP-PENStarG640


XP-PEN ペンタブレット ペン入力 OSU!専用XP-PENペンタブ お絵描き入門モデル Mサイズ ブラック StarG640

XP-PEN amazon公式
わずか2 mm と言う超薄いペンタブレットStarG640OSUゲームをするために発売されたペンタブレットです低価格の割には精度がいいという評価が高く筆圧レベルも高くイラストにも十分対応できます。

おすすめポイント!

  • OSU専用ペンタブレット!ドライバーのインストールが不要
  • 安い!けど高評価のペンタブレット
  • 8192の筆圧レベルで感知するのでイラストにも十分使用できます

ネットの口コミ:
OSUゲームをするために開発されたペンタブレットなため、パソコンとの接続は超簡単に出来るようになっています。そのためスマートフォンで使うことはできません。
ただ筆圧レベルは最高レベルの8192となっておりペンタブレットとして充分使用することができコストパフォーマンスが良いという声が多いです。

注意!

  • 反応が良すぎるという声もあります
  • 専用のソフトウェアで不具合が起こったという声もありました
  • スマートフォンでは使えないので注意してください

スペック・対応表

メーカーXP-PEN
商品名StarG640
本体サイズ19cm×16.2cm
本体重量170g
読取可能範囲16cm×10cm
筆圧レベル8192
ファンクションキー2
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格3,980円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第7位:筆圧レベル最高のXP-PEN ペンタブレットXP-PenDeco01


XP-Pen ペンタブ Decoシリーズ 10x6.25インチ カスタマイズ エクスプレスキー8個 Deco01

XP-PEN amazon公式
箱までは高いと考えている人が購入した結果買って良かったという声が多いペンタブレットです一つレベルも最高レベルの上エクスプレスキーと呼ばれるファンクションキーが8個も付いています。

おすすめポイント!

  • 筆圧レベルも最高レベルでバッテリーフリー
  • 左利きのユーザーにも使いやすいデザイン、設定になっています
  • ファンクションキー(エクスプレスキー)が8個ついています

ネットの口コミ:
多少設定での不具合があったという口コミがあるもののコスパがいいと評判のペンタブレットです。付属品も充実しておりセットアップも簡単で使い心地もいいという評価が圧倒的に多いです。左利きの人でも設定が簡単で使いやすいという声も〇

注意!

  • スマートフォンでの使用はできません
  • 商品の当たり外れがあるがサポートがいまいち不十分な印象
  • エクスプレスキーの不具合があるようです

スペック・対応表

メーカーXP-Pen
商品名Deco01
本体サイズ351mmx217mmx8mm
本体重量1.16 Kg
読取可能範囲254mmx158mm
筆圧レベル8192
ファンクションキー8
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格5,340円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


【成功者続出中!!】ジムの80%オフの料金で全国どこからでもパーソナル指導が受けられる!オンラインダイエットならプレズ<Plez>

ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第8位:ホイール機能、ファンクションキーもついた効率のいい作業ができるペンタブレットVEIKKA15pro

VEIKK ペンタブレット ショートカット&ホイール 傾き検知 充電不要ペン 8192レベル 初心者 多彩なデザイン A15pro (red)

VEIKK amazon公式
右利きでも、左利きでも使いやすい設定ができ、ホイール機能、ファンクションキーも付いていて効率の良い作業ができるペンタブレット です。筆圧レベルも8192と最高です。

おすすめポイント!

  • ペンタブレットにクイックダイヤル(ホイール機能)が付いている
  • 右利きでも左でも使いやすいレイアウトになっており設定も簡単
  • ホットキーと呼ばれるショートカットキーも十分についている

ネットの口コミ:
そこまで多い口コミの数はありませんが、全体的に評価が高い印象です。金額の割にはたくさんの機能が付いており、ペン先20本、2本指グローブ、ペン立てなどの付属品が十分についています。特に特徴的なのはペンタブレットにホイール機能が付いており拡大や縮小がスムーズにできます。

注意!

  • ドライバーに問題がなければ最強
  • 専用サイトが英語表記
  • ペンの感触は人によって変わります

スペック・対応表

メーカーVEIKK
商品名A15pro
本体サイズ357mm×199mm
本体重量1.2㎏
読取可能範囲254mm×152.4mm
筆圧レベル8192
ファンクションキー12
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格6,199円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第9位:無料お絵描きソフト付き低価格だけど筆圧レベル8192のペンタブレットXP-Pen StarG430S

XP-Pen ペンタブレット ペンタブ 4*3インチ 2mm厚さ 8192レベル筆圧 イラスト入門用 OSU!ゲーム用 黒 StarG430S B

XP-Pen amazon公式
厚さ2 mmの薄型ボディのコンパクトのペンタブレットですが、筆圧レベルも高くOSUゲームにもすぐ対応ができる仕様になっています。WindowsでもMacでも使用することが可能です。

おすすめポイント!

  • 利き腕が左右どちらのユーザーにも対応できるように設計されています
  • OSUアシストがしっかりしており USB を挿すだけですぐにゲームができます
  • 価格が安いので初心者にはおすすめのタブレットです

ネットの口コミ:
お試しや初心者が一番初めのペンタブレットとして購入するには十分な機能です。コストパフォーマンスが高く特に問題はないという声がある一方、ワコムなどの製品を使っている人はペンの感覚に不満があるようです。

注意!

  • マウスの代わりとしては十分だがペンタブレットとしてはもう少し繊細な動きが欲しい
  • ドライバーエラーを起こすことがあるので注意が必要
  • ペンの感覚はワコムの方がいいという声もある

スペック・対応表

メーカーXPPen
商品名StarG430S
本体サイズ11cm×16.4cm
本体重量245g
読取可能範囲10.16cm×7.62 cm
筆圧レベル8192
ファンクションキー無し
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格2,980円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第10位:最高品質のワコム ペンタブレット ペンタブ Wacom Intuos Pro M PTH-660/K0

ワコム ペンタブレット ペンタブ Wacom Intuos Pro Mサイズ 2017年 ペン入力 板タブ Wacom Pro Pen 2 付属 Windows Mac 対応 PTH-660/K0

WACOM amazon公式
ワコムの最高品のペンだブレットWacomPro2ではプロペンの4倍となる8192の筆圧レベルで繊細なタッチや精度、レスポンスは最高レベル。またBluetooth接続で無線接続ができるタブレットです。マルチタッチ機能、タッチホイール、ファンクションキー(エクスプレスキー)も8個搭載されており、ペン先を自由に変えられ、様々な書き味を選べる。

おすすめポイント!

  • ワコムのペンタブラットの最高品、筆圧レベル8192で様々な書き味を選べる
  • タッチホイール、ファンクションキー、マルチタッチのフル装備
  • オーバーレイシートで自分のタッチを自由に選択可能

ネットの口コミ:
ペンタブレットの業界の中でもワコムのブランドは最高です。その中でも最も最高品質といわれているプロシリーズです。様々な機能が充実しており繊細なペン先を実現するため消耗する頻度が激しく頻繁に交換をする必要がありコストパフォーマンスが少し悪いようです。
品質に不満がある人は少ないですが消耗品の消耗が激しくコストがかかると感じている人が多いようです。

注意!

  • シートを定期的に交換しないとざらつきが出てくる
  • 繊細な上なのペン先のすり減りが早い
  • 無線接続が不安定なことがある

スペック・対応表

メーカーWacom(ワコム)
商品名PTH660
本体サイズ21.9 x 33.8 cm
本体重量699 g
読取可能範囲148.0×248.0mm
筆圧レベル8192
ファンクションキー8
ワイヤレス接続
マルチタッチ機能
価格31,313円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第11位:低価格だけど高レベルの機能を搭載されたParbloA640

Parblo A640 ペンタブ バッテリー充電不要 8192レベル筆圧 4個エクスプレスキー 7.2

Parblo amazon公式
低価格だけれども高評価の初心者に人気のペンタブレット。低価格でもショートカットキーが四つ使用できペンもバッテリーフリーなので充電の心配がありません。初期設定エラーもスムーズに交換するとサポートも売りです。

おすすめポイント!

  • 筆圧レベル8192で正確にペン先のタッチを反映することができます
  • 4つのカスタマイズ可能なショートカットキーがあります
  • Type C USB インターフェースが搭載されています

ネットの口コミ:
口コミでは比較的良い評価が多く価格のわりにはいい商品だったという声が多いです。ただ思っていたよりもサイズが小さいので本格的に絵を書きたいという人には少し不満のようです。ペンタブレットとしての機能としては十分だという声が高く、サポート体制がしっかりしておりドライバーのインストールに困った時も親切に対応してくれたという声がありました。

注意!

  • 2019年の10月時点でMacのCatalinaではドライバが非対応となっている
  • タブレットの芯の減りが恐ろしいぐらい早い
  • ドライバーのインストールに少し戸惑うことがある

スペック・対応表

メーカーParblo
商品名A640
本体サイズ182㎜×139㎜
本体重量408g
読取可能範囲6.0 x 4.0インチ
筆圧レベル8192
ファンクションキー4
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格2,999円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第12位:ワコム ペンタブレットCTL-4100/K0

ワコム ペンタブレット Wacom Intuos Mediumワイヤレス クリスタ付き ピンク Androidにも対応 データ特典付き TCTL6100WL/P0

WACOM amazon公式
Android 接続が可能になったペンタブレットです。 ペンを配置可能なトレー型で4個のカスタマイズ可能なショートカットキーがあります。ワイヤレス接続も出来無料のペイントソフトも付いてくるので Android スマホがあればパソコンがなくても買ったその日から使用することができます。

おすすめポイント!

  • Android 接続が可能なタブレット
  • USB 接続にもワイヤレス接続にも対応
  • CLIP STUDIO PAINT PROの2年ライセンスがついてくる

ネットの口コミ:
ドライバーエラーがあったとか取扱説明書の説明が分かりづらいというような声はありましたが機能には満足しているという声が多数ありました。ワコム商品に対しての期待が高いことも口コミからわかります。 ただサポートに不満という声も多くあり日本メーカーの割には対応が遅いという声もあります。

注意!

  • Android タブレットを使う時とパソコンを使う時の読取可能範囲が異なるので注意が必要です
  • OSU使用時に無線で使用すると少し遅延が感じられます
  • ドライバーエラーやホームページが使いにくいという声があります

スペック・対応表

メーカーワコム
商品名CTL-4100/K0
本体サイズ26.4 x 20 cm
本体重量408g
読取可能範囲216mm×135mm
筆圧レベル4096
ファンクションキー4
ワイヤレス接続
マルチタッチ機能無し
価格16,270円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第13位:スマホで使えるOTG接続端子がついているXP-Pen StarG640S

XP-Pen ペンタブ Android6.0以上対応 携帯・スマホで使えるペンタブ OTG接続端子付き 筆圧8192 バッテリーフリー ペン StarG640S

XP-Pen amazon公式
スマホでイラストを書くためのペンタブレット。筆圧レベルが8192でショートカットキーも6つあります。パソコンでももちろん使用が可能ですがパソコンがない人には OTG アダプターが付いているのですぐにペンタブレットとして使用することができます。

おすすめポイント!

  • Android のスマホで使用ができるので場所を選ばず書くことができます
  • OTG 接続端子が付いているのでパソコンがなくてもすぐ使うことができます
  • 筆圧レベルが最高レベルの8192でショートカットキーも6つ搭載されています

ネットの口コミ:
Android で使う際に使用している機種が古かったり画面の比率が合わない場合に書いているイラストの形が変形してしまうということがあるようです。
DecoDrawソフトは上手く描けるという声も多かったので色々と持っている Android スマホと合わせて設定を試してみなければいけないようです。設定がうまくいけばタブレットとしては満足しているという人の声が多かったです。

注意!

  • Android スマホだけれども使用することができなかった人がいるようです
  • スペックの低い Androidを使うと不安定になるようです
  • DecoDrawソフト以外不具合がある事が多い

スペック・対応表

メーカーXP-Pen
商品名StarG640S
本体サイズ259x160x9mm
本体重量662g
読取可能範囲152mm×9mm
筆圧レベル8192
ファンクションキー6
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格4,260円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第14位: Androidスマホにも使えるかわいいデザインのペンタブレットHUIONHS64

HUION ペンタブレットHS64特別版 スマホで使用可能 PCレス 筆圧8192充電不要ペン 6.3×4インチ ペンタブ

HUION amazon公式
可愛いデザインが人気のペンタブレット。 Android スマホにも対応できる高性能。 軽くて持ち運びに便利な省スペースサイズ。

おすすめポイント!

  • スマホでも使用可能なペンタブレット( OTG 変換アダプター2種類付き)
  • 筆圧レベル8192の高性能ペンタブレット
  • 重さわずか232g、厚さ8 mm で持ち運びやすい

ネットの口コミ:
個人用パソコンがない人にはおすすめのペンタブレットです。スマホやタブレットで絵が描けるので場所を選ばず絵を描くことができ子供も楽しく使うことができます。
ただし細かい設定はパソコンが必要になるのでスマホだけでは全てができるわけではありません。

注意!

  • 右利き左利きの設定はスマホでは出来ませんので設定にはパソコンが必要です
  • 本格的に絵を書きたいのであれば KamvasProがおすすめ
  • 本格的にイラストを書く人よりも楽しくイラストを書きたい人におすすめ

スペック・対応表

メーカーHUION
商品名HS64
本体サイズ200 x 166 x 8mm
本体重量600g
読取可能範囲160×102mm
筆圧レベル8192
ファンクションキー4
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格4,999円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング第15位:HUIONペンタブレットH640P

HUIONペンタブレットH640P Android6.0以上、OTG対応可携帯と接続可能 充電不要ペン8192レベル筆圧感知 、6つのエキスプレスキー OSU用超薄型 作業領域:6.3

HUION amazon公式
Androidスマホでも使えるようにOTG 変換アダプターも付いてきて充電不要の筆圧レベル8192の変化使用することが可能です。 Windows でも Mac でも使用することができ6つのエキスプレスキーがあります。

おすすめポイント!

  • 高いレベルのワコムの商品を使っていなければこの商品でも十分
  • 予備機として購入するがコスパは最高で機能も満足している
  • サイズが2パターン展開している

ネットの口コミ:
ペンタブ特集で高評価だったため、今回を機に購入したという人は商品はコスパとしては大変満足をしているという声がありました。ワコムのペンタブレットから乗り換えた人や、持ち運ぶために2台目として買っている人が多かったようです。
ワコムよりも使い勝手は若干落ちるものの、コスパ的には大変満足しているようです。 ただ海外製品ということもあり初期不良が一定率であること、エラーが起きた時の対応が難しいとの声がありました。

注意!

  • 不具合があり交換が必要な時がある(※ただしサポートの対応は良い)
  • ドライバーに不具合があると細かい設定が困難
  • OSUをやる際の反応があまりよくないことがある

スペック・対応表

メーカーHUION
商品名H640P
本体サイズ254.8x 144.8 x 8mm
本体重量277g
読取可能範囲160 x 99mm
筆圧レベル8192
ファンクションキー6
ワイヤレス接続無し
マルチタッチ機能無し
価格4,542円(税込)

※2020年1月現在のamazonの価格


ペンタブ(板タブ)初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング15選まとめ

ペンタブ(板タブ)初心者に人気のペンタブレットおすすめランキング15選まとめはいかがでしたでしょうか?

こだわる人はワコム製品がいいようですがコスパを考えると安い魅力的な商品がたくさんありました。絵を描くことを中心に使いたいのか、ゲームをすることに使いたいかにもよって選ぶポイントは変わってきそうですが筆圧レベルと読取可能範囲が重要なようですね。

またファンクションキーやワイヤレス接続で便利に使いたい人、Android のスマホと合わせて使いたい人など、用途に合わせてタブレットを選択するのが良さそうです。

プロ並みの絵を書く人はワコムのランクの高いものを購入している人が多いようですが趣味で書く人は3000円から5000円台の商品が人気のようですね。

以下からはAmazonや楽天のペンタブ(板タブ)売れ筋ランキングが見れるので、ぜひ参考にしてみてください!