【2021年3月~】通勤中に便利!20GBのおすすめの使い方5選
家電・PC  

【2021年3月~】通勤中に便利!スマホ20GBプランおすすめの使い方5選

     

2021年3月より、携帯大手3社から20GBのデータ通信が利用できる新料金プランが提供開始されます。

私自身通勤に片道1時間かかっているので、プラン変更したら電車の中で音楽を聴いたり映画を観たり、思いっきりスマホでギガを使いまくりたいと思っていて!

20GBあれば通勤中に何がどれくらい使えるのか?調べてみました。

新しい20GBプランに変更して通勤時間を有意義に使いたい方はぜひ参考にしてくださいね!
 

新料金プランで毎月20ギガまで使える!

新料金プランで毎月20ギガまで使える!
2021年3月から提供開始となるドコモの「ahamo(アハモ)」、auの「povo(ポヴォ)」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE(ソフトバンク オン ライン)」の新料金プランでは月に20ギガという大容量データ通信を約3,000円という格安料金で使えるようになります!助かる!

これまでデータ通信量を気にして通勤中に動画を見たり音楽を聴いたりといった自由な使い方ができなかった!という方も、新プランに加入すれば電車の中などwifi環境下ではない場所でもある程度ならデータ容量を気にせずにスマホを使えるようになります。
 

20GBといっても無限ではない!知っておきたいデータ通信量の確認方法

20GBといっても無限ではない!知っておきたいデータ通信量の確認方法
20GBあれば大抵のことはデータ量を気にせず使えそうなものですが、とはいえ無限にギガが使えるわけではありません。

ついつい使いすぎて月の途中で20ギガを超えてしまった!結局また速度制限や!と困らないよう、こまめに使用データ量を確認しておくと安心ですね。

スマホやタブレットからデータ通信量を確認する方法
iPhone/iPad「設定」→「モバイル通信」→「現在までの合計」
android「設定」→「接続」→「データ使用量」→「モバイルデータ使用量」

※データ使用量の確認方法は機種によって異なる場合があります。

ではここから、通勤中の20GBのおすすめの使い方を個人的な感想も含めつつご紹介していきますね。

おおよそのデータ使用量も調べて載せていますが、利用するサービスや通信環境などによってもデータ量は変わるので、あくまで参考にする程度でお願いします!
 

おすすめ1:映画やアニメをストリーミング再生で観よう

映画やアニメをストリーミング再生で観よう
ストリーミング再生とは、スマートフォンでネットに接続しながら動画や音楽を再生する方法。

再生中はずっと通信が行われるので、まさにギガを持つ者だけに許された贅沢な再生方法なのです。

私はamazonプライムに加入しているので、20GBのプランに変更したら通勤中に海外ドラマを見たいな~なんて思っています。

ということでamazonプライムで20GBで観れる映画やアニメの本数を調べたところ…

映画(120分)約5.5本
ドラマ(45分)約14.8本
アニメ(25分)約26.6本

※画質は「高画質」、1分間の再生に30MB使用するものとして計算しています。

おっと。結構ギガを使いますね。

調子に乗ってあまりたくさん観ているとすぐに20GBいってしまいそうです。

調べといて良かったー(笑)
 

おすすめ2:音楽をストリーミング再生で聴こう

音楽をストリーミング再生で聴こう
音楽のストリーミング再生!これが私が一番やってみたいことです!

家ではもっぱらwifiに繋いでSpotifyを流しっぱなしにしているので、通勤中にもスマホで聞けたら嬉しい♪

というわけでSpotifyで20GBで聴ける曲数を調べたところ…

低音質約20,000曲
標準音質約5,000曲
高音質約3,333曲
最高音質約1,666曲

※1曲5分として、1曲あたり低音質1MB/標準音質4MB/高音質6MB/最高音質12MB使用する計算です。

こちらは思ったよりたくさん聴けますね!すばらしい!

通勤時に毎日2時間、1ヶ月に20日間「高音質」で音楽を聴いたとしても、約2.88GBのデータ量しか使わないことになります。

これは通勤中の20ギガの有意義な使い方として採用ですね!

おすすめ3:YouTubeを見よう

YouTubeを見よう
会社に行く途中でYouTubeが見れたら楽しいですよね!

では20ギガあればYouTubeが何時間くらい見れるかといいますと…

低画質144p約166時間
240p約119時間
標準画質(SD)360p約61時間
480p約32時間
高画質(HD)720p約18時間
最高画質(フルHD)1080p約9時間

※1分あたり144p 2MB/240p 2.8MB/360p 5.4MB/480p 10.2MB/720p 17.8MB/1080p 34.2MB使用する計算です。

このくらい見れます。

YouTubeアプリはデフォルトの画質設定が自動(標準画質・480p)になっていることが多いので、設定を変えずに通勤時に毎日2時間視聴した場合、16日間で20ギガを消費することになりますね。気を付けないと!

あとユーチューブは有料プランを契約していない限り広告表示が入るので、その分もギガを使います。

おすすめ4:LINE通話をしよう

LINE通話をしよう
通勤時、家から駅までの間や会社からの帰り道にLINE通話で家族や友達と電話することありませんか?

LINE通話は電話回線を利用しないので通話代は無料ですが、データ通信回線を使っているためギガは使います。

20GBまるまるLINE通話に使う人はさすがにいないと思いますが(笑)一応20GBで話せる通話時間の目安を調べてみました。

音声通話約1,111時間
ビデオ通話約65時間

※1分あたり音声通話0.3MB/ビデオ通話5.1MB使用する計算です。

音声通話1,111時間って…日に直すと46日ですよ(笑)

LINE通話ってあんまりデータ量を消費しないんですね。意外!

ちなみにソフトバンクの新料金プラン「SoftBank on LINE」ではLINE通話含めLINEアプリの通信量をカウントしないのでSBユーザーは気にせず使って大丈夫ですよ!

おすすめ5:テザリングを使ってPCを使おう

テザリングを使ってPCを使おう
テザリングとは、スマートフォンをアクセスポイント(wifiの親)にしてPCなど別の子端末にインターネット回線を分け与える機能です。

通勤中にパソコンをネットに繋ぎたいけどポケットwifiルーターを持ってない!という方にとっては便利なスマホの機能ですね。(ただしキャリアによってはテザリングは有料オプションとなっています)

テザリングでは子端末で利用するデータ通信量がそのまま親端末にかかるので、20ギガでどれだけPCを使えるかはPCの使い方次第です。

ただ1つ気を付けないといけないのが、パソコンはバックグラウンド通信といって裏で勝手にアップデートしたりするので、知らない間にギガを食われているかもしれないということ!

もし通勤中にテザリング接続でパソコンを使うつもりなら、データ量を節約する設定を事前にPC側でしておくと安心です。

おまけ:Zoom会議に参加すると?

Zoom会議に参加すると?
さすがに通勤中にZoomでWebミーティングする方はいないと思いますが…(笑)

万が一急に参加しないといけなくなったり、通勤中ではなく外出先からズーム会議した場合のデータ通信量を知りたい方もいると思うので一応調べてみましたよ。

20GBで使えるZoomの時間は…

通話のみ約277時間
ビデオあり約33時間

※1分間で、通話のみ1.2MB/ビデオあり10MBとして計算しています。

もっと全然使えないかと思いましたが、まあまあ使えますね。

ただ日常的にテレワークなどでZoomを使うときはやはり安定したデータ通信がおこなえる固定回線で使うべきだと思います!

まとめ

2021年3月から提供開始される新料金プランに変更後、20ギガバイトを通勤中に有意義に使うおすすめの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

感想としては、20GBあれば結構なんでもできそうだなと思いました。あと日頃のちょっとしたストレスからも解放されるな、とも。

例えば通勤中にスマホでニュースなんかを見ていると埋め込まれている動画が勝手に再生されるあの現象とか。

今までは、誰の許可を得て勝手に再生しとんねん、あ?こちとら3GBしか使えへんのや。とか思ってましたが(一応、自動再生を無効化する設定はあるんですけどね)、20GBもあれば「あ、どうぞお好きに流れてください」と余裕しゃくしゃくで対応できます。

ただあまり調子こいて使いまくっていると月の途中で20ギガ超えてしまって速度制限がかかるので、使い過ぎには注意ですね。

みなさんも私と一緒に20ギガの新プランで通勤通学の時間を思いっきり楽しみましょう!