ハイフ(HIFU)の副作用は?デメリットと老後について検証してみた
美容・健康  

ハイフ(HIFU)の副作用は?デメリットと老後について検証してみた

     

「小顔になりたい」「引き締まったフェイスラインになりたい」などなど小顔やシャープなフェイスラインに憧れる人は多いですね。

メスを使わずリフトアップ効果が期待できるハイフ(HIFU)の副作用やデメリット、老後への影響、施術で失敗しないためにもチェックしてしていきましょう。

ハイフ(HIFU)の副作用は?

ハイフ(HIFU)の副作用は? 
ネット検索すると不安になるような書き込みを見かけるハイフ(HIFU)ですが、どの美容施術でも副作用やデメリットはあります。

デメリットについて

  • 赤みが出ることがある
  • 軽度だが腫れることがある
  • 火傷
  • むくみ・筋肉痛
  • 神経損傷
  • 痛みを感じることがある

ハイフ(HIFU)は医療機器です。専門的な知識がある医師に施術してもらうことをおすすめします。

老後について

ふと鏡をみたら丸顔だったはずが四角い顔に!なんていう経験はありませんか。
たるみ治療に効果的だといわれているハイフ(HIFU)ですが、たるみが気になりだしてからだと効果を実感しづらいという声を聞きます。

将来の不安から早めの老化対策やたるみ改善として10~20代の若い方がハイフ(HIFU)を施術するというケースが増えてきました。
ただ、脂肪のない方がハイフ(HIFU)をしすぎると頬がこけて逆に老け顔になってしまったという場合もあります。

効果的に治療したいのなら、たるみが気になる前(30代がベスト!)からお顔の脂肪の量やたるみの具合に合わせた施術で継続した治療が大事です。

ハイフ(HIFU)の副作用は?デメリットと老後について検証してみた・まとめ

副作用というと怖いイメージですが、美容医療では切っても切り離せないものですね。リスクを知ったうえで施術を受けるかよく考えてくださいね。

安心して受けるためにも信頼できる医療機関でしっかりカウンセリングしてもらいましょうね。